いつかのための、心臓病メモ

第一子を授かるも、精密検査で重度の先天性心疾患が発覚。とにかく不安で仕方がないけれど、自分のため、妻のために、元気になった後に「あー僕むかしこうだったんだ」と息子が振り返れるように、つらつらと病状や出来事書き記していく予定です。 産まれる前の診断は総動脈幹症→20170719産まれる→診断名変更、両大血管右室起始、大動脈弁狭窄(重度)、大動脈縮窄

再手術とかお友達のこととか

三歩進んで二歩下がるとはよく言ったものですが、やはり二歩下がる時の不安は計り知れない。 前回の更新後、術後数日は調子が良かったものの、呼吸が安定せず、むくみも取れず、結局肺動脈バンディングの再手術に(涙) 根治治療の方針、yasui式?のラステリ…

突然の出産、診断名変更、手術

ご無沙汰です。 お陰様でいろんな方にコメントを頂いております。 うちの子は人気者です^ ^ さて、タイトルにもありますが、無事生まれました!姑息手術もひとまず成功! ともかく疾風怒濤、いろんなことがおこったので、整理のために書き記します。 今回の…

病気というアイデンティティ

病名が分かってから2か月とちょっと経ちました。 色んな方に声をかけていただけて、本当に救われています。 お陰様でお腹の中の子はすくすくと、育っています (むしろおでぶちんなぐらい…) 弁の逆流も、他の合併症も今のところは見つかっていないのですが…

おそるおそる、開設。

どうして、病気の人は闘病記を書いたりするのだろう。 ずっと疑問に思っていましたが、ようやっと、なんでか意味が分かりました。 一人じゃ抱えくれないぐらい不安で、情報が欲しくて、仲間が欲しくて、でもそれだけじゃ申し訳ないから、ちょっとでも手を差…